SIerとは何なのか

大手のSIerを色々と見てきて、実際に面接も受け、SIerについていくつか分かったことがある。


彼らの仕事はIT弱者の顧客に対して耳当たりの良い言葉を使い巧みに騙すことであるらしい。


更に衝撃だったのが、ITへの興味として日経のITproを読んでいることを話すと、露骨に嫌な顔することであった。
求める人材像に「ITへの興味」とあったので、それを話しただけなのに、なんとも奇っ怪な話である。


では彼らはどんな人材が欲しいのか?


答えはおそらく業界の構造にあって、人月単価の高い従順な奴隷が欲しいのだろう。

ITproでは定期的にSIer崩壊説が囁かれていて、自身の仕事に疑念を持つような人間はいらないと言うことだろうか。


そんな業界に未来はあるのだろうか。
そんな不安を抱えながら受けたせいもあってか、どこにも引っかからずにNNTが完成した。