SIerとは何なのか

大手のSIerを色々と見てきて、実際に面接も受け、SIerについていくつか分かったことがある。


彼らの仕事はIT弱者の顧客に対して耳当たりの良い言葉を使い巧みに騙すことであるらしい。


更に衝撃だったのが、ITへの興味として日経のITproを読んでいることを話すと、露骨に嫌な顔することであった。
求める人材像に「ITへの興味」とあったので、それを話しただけなのに、なんとも奇っ怪な話である。


では彼らはどんな人材が欲しいのか?


答えはおそらく業界の構造にあって、人月単価の高い従順な奴隷が欲しいのだろう。

ITproでは定期的にSIer崩壊説が囁かれていて、自身の仕事に疑念を持つような人間はいらないと言うことだろうか。


そんな業界に未来はあるのだろうか。
そんな不安を抱えながら受けたせいもあってか、どこにも引っかからずにNNTが完成した。

何者【ネタバレ有】

朝井リョウ氏原作の映画『何者』を観た。

 

斜に構え、世の中を睥睨して生きてきた私は、当然、主人公の拓人に感情移入してしまったのだが、彼(かつ私)の考え方を糾弾したり、あるいは矯正しようという思いは更々起こらないし、作者もそれを望んでいるわけではあるまい。

怯懦や嫉妬という感情は人間の本質的なものだと考えているからである。

 

彼の一番の問題は、彼自身が「頭の中にあるうちは、なんだって傑作なんだよ。」という言葉で語っていたことだが、頭の中の事物を、羞恥や全能感という殻を破り去って、現実に実行できなかったことであろう。

つまり、勇気が欠けていたのである。

 

結局、彼の勇気の欠落は、就職留年をしてなおNNTという目に見える結果で現れてしまった。

 

 

これを観て何か就活に活かせるかと考えてみたが、特に思いつかなかった。

全能感など跡形もなく引き裂かれ、既に恥も外聞も捨て、大手から中小に切り替えた後である。

 

決して人事を尽くしたわけではないが、天命を待つほかない。

 

7月NNT、絶望と希望

7月に入ってからまずやったことは、夏期新アニメのチェック、露出度の高くなった街中の女性の観察であった。

NNTという事実から目を背ければ、日々の生活はある程度の色彩を持って、そこそこ充実した毎日を送ることができたのだが、シワだらけのリクルートスーツを来た女子就活生の姿が、私を否応なしに現実に引き戻した。


しばらくリクルートスーツを着ていないことに気づいた私は、リハビリも兼ねて、大学の就職課が主催するキャリアプログラムに参加することにした。





プログラムの会場には開始10分前に到着したが、すでに会場にはまばらに人がおり、面白いことに、皆例外なく絶望的なオーラを纏っていて、近づくだけで不幸が伝染りそうな勢いであった。
これでは当分内定も出ないだろうと哀れんだ後に、自分も同じ、あるいはそれよりも暗いオーラを出しているであろうことに気づき苦笑した。





幸いにもネトゲの日課に割くはずの貴重な時間を使って、そのプログラムから得たものはそこそこあって、
どうやら私は面接官を「敵」と誤解していたようである。


容姿や学歴、資格という装備を手に、論理性という戦術で面接官を論破し勝利する。
そのリワードが内定であると誤解していたのだ。


今までの面接官は、私の論理を破綻させ、叩きのめすために、悪気のある(ように見えていた)質問を投げかけていたのではないことを知ったのは、面接対策の今後の希望と言えるだろう。





さて、早速実践の場を明日用意した。今から楽しみである^^

澪標

自分の進むべき道が分からない。

面接では必ずといっていいほど志望動機を聞かれるが、社会人経験ゼロの学生に何がわかると言うのか。


就活を外食で例えるならば、
業界研究は和洋中食何にしようか考える段階、
企業探しはレストランに入ってメニューを選ぶ段階、
企業研究はメニューの口コミを食べ○グで調べる段階、
といった感じになるだろう。


面接はどの段階か?

少なくともまだ料理を食べる段階には達していない。


食べてもいない料理を熱く語ることがどれだけ無意味なことかは想像に難くない。


実際、新卒の3年離職率が3割というとんでもない数字になっているわけで、学生は志望動機を企業に合わせて捏造するという滑稽な作業をしているのである。


それでも彼らは、座礁してしまった私と異なり、しっかりと舵をとって航行している。

社会人になるためには、馬鹿らしいこと、無駄に思えることに身を尽くすことができなければならないらしい。

寿命

本川達雄氏『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書)によると、哺乳類はおおよそ皆同じ心臓の拍動数で寿命を迎えるらしい。

具体的には十数億から二十億回程度らしいのだが、面接前の緊張や、ストレスから来る睡眠不足によって、私は既に数億回の拍動を浪費してしまったように思われる。

この身体はもう長くは持たないだろう。

来世に期待しつつ、強制負けイベントをこなす日常に戻る。

はじめに

こんにちは。munounntと申します。

 

18卒理系学部生の就職活動について(NNTなので当然現在も就活中)、および選考を受けた企業についてつらつら書いていければと思っています。受けた企業はSIerが中心です。

 

自己紹介。

 

学歴: マーチ理系

資格: 普通免許(AT)、基本情報技術者(FE)

趣味・特技: アニメ鑑賞、ネットゲーム、2ch

志望業界: IT・情報処理

 

 

内定を貰うまではブログを続けていきたいと思っています。もしかしたら明日終わるかも^^;